~建物の構造が違うとどう変わる?~

賃貸といってもたくさんあります。形も違えばもちろん構造も違います。ここでは、どういった構造があって、それぞれどのような特徴があるのかということを書いていきたいと思います。

一般的に木造が多いのがアパートで、鉄筋コンクリートが多いのがマンション、というようにイメージはあると思います。その漠然としているイメージに加えて覚えておいてほしい建物の構造の種類には主に下記のものがあります。それぞれの良いところ、悪いところをしっかり勉強した上で、住むところを決めてみるというのも大事なことだと思います。

<木造>
建物の構造のなかで一番イメージしやすいのがこの木造だと思います。木造の特徴としましては、一つは通気性がよいというところです。気の持つ性質が、外との空気の風通しを良くしてくれ、自然な湿度に調整してくれます。湿気の多い夏には部屋の中のムダな湿気を取り除いてくれ、過ごしやすくなると思います。しかし、遮音性がないので、隣近所の人の生活音が聞こえてきたり、または自分の部屋の音が他の部屋に聞こえてしまうという面もあります。アパートの他には、ハイツにもよく使われている構造です。

<鉄骨造>
木造と似ていて、違うのは柱の部分に木材ではなく鉄を使用しているところで、特徴は木造とさほど違いはありません。遮音性はあまり良くなく、音が響きやすいです。少しきれいな二階建ての建物なんかは割とこの鉄骨造のことが多いです。また、鉄骨造よりも少し遮音性が高くなった「鉄骨ALC造」というものもあります。

<鉄筋コンクリート造>
コンクリートを流し込むときに鉄筋を入れているので、とても丈夫で頑丈な造りと言えます。木造などと違って遮音性も高いですし、また保湿性もあります。しかし、この造りの一階には湿気がたまりやすくなり、最上階には熱がたまりやすいので気をつけましょう。マンションに多いのがこの鉄筋コンクリート造です。

<鉄骨鉄筋コンクリート造>
最も頑丈な造りと言えるでしょう。耐震性も十分あります。特徴は鉄筋コンクリート造とさほど変わらず、遮音性・保湿性があります。ただし、梁が出てしまうため部屋が狭く感じてしまうかもしれません。高層ビル・マンションに使われます。

簡単査定で真摯に対応!釣具買取専門店

ジルコニア 差し歯

復縁する方法は復縁屋にお任せ